現時点での.screenrc

なんかどうにも負荷がかってスラッジングをおこしがちなので、とりあえず状況を常時監視することにした。

~/.screenrc

defutf8 on
defkanji UTF-8
defencoding UTF-8
encoding UTF-8 UTF-8
defscrollback 10000
autodetach on
startup_message off
multiuser on
caption always "%n %t %= %{=b wk} %{=s wb}%y/%m/%d %{=s wb}%02c"
bind ^e encoding eucJP UTF-8
bind ^u encoding UTF-8 UTF-8
bind ^w encoding sjis UTF-8
bind ^j encoding jis UTF-8
chdir
screen -t "top +" /usr/bin/top
scrollback 0
split
focus down
screen -t "vmstat +" /usr/bin/vmstat 10
scrollback 200
split
focus down
chdir tiarra
screen -t "tiarra: errlog.stderr" /usr/bin/less errlog.stderr
screen -t "tiarra: errlog.stdout" /usr/bin/less errlog.stdout
chdir
screen -t "sakura.fairies.jp"
screen -t "* work tty *"

まあ、別途負荷がかかったときの対策なり、負荷がかからないようなチューニングが必要という前提で。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください