僕と契約しようよ!!2 お疲れ様でした!

例によってマドカミ町奇譚として、「僕と契約しようよ!!2」に参加してきました!

サークル的な、御礼型振り返りは何とか日付が変わる前にやったので、ここでは主に個人的な話とか、入手した同人誌とかを。

今回、正直は始まる前まではすごく不安でした。オンライン申し込みが全然始まらなかったので、申込書にあるメールによる申し込み方法で、エントリーしたんですが……。受信確認がなかったのでまず不安に……。メールって、宛先間違えから始まってSPAMフィルター等々、結局届いていなかった、と言う事象が結構あると佐倉は認識しているのです。個人とのやりとりで、相手の事を知っていれば、「この人から返事がないのはACK」って言う間合いがわかってたりするんです。けど、初めて出す団体宛だったので……我慢しきれずに数日後に確認のメールをこちらから出してしまいました。即時返答ありがとうございました。

で、締め切り日を過ぎて、サイトには「すでに申し込んだサークルはスペース確定しております」と発表されてはいたんですが、入稿時に搬入先スペースが分からないので、いろいろドキドキしました。どうもよくある事らしく、印刷所の方からはスナック感覚で「では後からご連絡いただく形ですね」と言われましたが……。

佐倉は新刊は印刷所から直搬入、既刊とPOP類は開催日の一つ前の日曜日に、ヤマト運輸で送付するのです。(平日は仕事の関係で送り出しが難しく、セブンイレブン以外のコンビニがすごくうちから遠いので……)

今回、ゆうパック指定、しかも「発日」が5日〜9日限定という事で……。期末で有給に余裕があったで午後休を取って送付しました。で、お金で解決するなら、職場は都内なんだから、近くのヤマトの営業所留でひとまず送って、そこから近くのゆうぱっく扱いコンビニに持って行って出せば良かったな、と。そうすれば仕事遅くなっても営業所選べば大丈夫だし。と言う事を、今ここにメモ。

ついでに、初めての経験だったので、宅配搬入を処理して満足してしまい、印刷所に搬入指示したのが開催前々日深夜でした……だめじゃん。ねこのしっぽさん、ありがとうございました。

さて、当日。主催者様に起因する不安点は、サークル入場が10分押した以外は全くなく、今まで参加したオンリーの中では一番印象が良かったです。代表の方が記念品のガムを配るという形で各スペースにご挨拶に回られているのがすごく素敵だなあと思いました。

で、設営周り。都産貿浜松町って、机大きいって聞いていたんですが……巨大だ!巨大すぎる。これしき布足りるかな?と思ったら、宅配搬入物が来てない……今朝時点で銀座支店出発したのは確認したんだけど、はて?事故?と思ったら現場到着が遅れているとの事。
実は、いつも、万一宅配搬入送れても設営に支障がないように、見本誌と、自作のPOPキットと敷布は自分で搬入するんですが、今までそういうトラブル無かったので、POPキットと敷布は宅配で送ってたんですよね……。こまった。特に今回設営時間が参加イベント中最短だったしなぁ……。
困ってても時間が無駄なので、できる事から。机の上のチラシを整理。印刷所直搬入分の検品。見本誌提出。さて、これ以上はできんな、と思ったところで宅配物到着。ぎりぎりアウトっぽいセーフ。というか、この遅れが後々響いて、設営終わったのがぎりぎりでした。

開始後。一番奥の窓際スペースだったのと、やはりまどマギイベントの開催密度が高いせいか、人出はまばらでした。売り上げ的には若干販売目標を下回る感じで。

咲のイベントと併催だったのですが、それぞれのイベントで、麻雀大会、マミさんとお茶会という、イベント内イベントとかあって、おもしろいなあと思いました。サークル向けには、前述したイベント特製ガムの配布、マミさんからのお茶の振る舞いがありました。

搬出は、ゆうぱっく着払いのみ、との事なので、カート転がして近くのセブンイレブンからヤマト発払いで発送。

こうやって羅列すると、トラブル多かったし、売り上げ的にちょっとな感じだったし、こちらの経験値不足もあって不安が多かったけど、問い合わせ、要望には真摯に応えてくれたし、なんというか終わった後の印象は「いいイベントだったなあ」でした。又ご縁があれば。(ここお世辞ではなく)

さて、今回、カタログをぱっと見て、小説売りだと判断が付いて、一般向けだったところが一サークルあり、「落書き茶屋」さんの「夢見る少女じゃいられない」を入手しました。まだ読んでないですが。杏さやSS集というとこで、内容はたぶん今書いている作品には参考になるのかどうか、ですけど。価格設定とか、組版とか、挿絵とか装丁とかね。参考にさせてもらおうかなあと。これからはできるだけ小説本は買いに行きたいな……あ、そうそう。佐倉はボッチ参加で席を離れる技(苦笑)を身につけた!これでトイレも怖くない!

あとは、お隣さんの回転掘削機構さんの「まだ魔法少女だった頃」を入手。いや、特殊装丁(かつ、隣で黙々と産地即売してた)ので。

そんな感じで。皆様お疲れ様でした。次は4/30にGirlsLoveFestival7ソウルコネクト2でお目にかかりましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です