AKB0048 #8

重い。これ本当にSFでなければ昼メロ以上にどろどろしてたな……。

たかみな5thの苦悩は、もしかして襲名したのが高橋みなみであるが故により深刻なのかなあ。運命は残酷だ。たかみなであろうとすればするほど、自分を慕ってくれる後輩の壁となることを許せない。それは自分の夢と天秤にかけるべき事なのか。大島優子9thが彼女の理解者として何処まで救ってあげられるのか、そこによるのかなあ。

76期生は汚れ役というか、暗い部分を全部引き受けているなあ。でも、なんかこう悪意があるわけでも無く。同期の中で一人だけ襲名したメンバーがいる。そして後輩が先にアンダーになっていく現実……。実際彼方だって、77期生最初のレッスンの時に、フロントを智恵理と入れ替えようとした牛山先生になぜ75期生の自分が77期生に、ってくってかかってたしなあ。

たかみな5th問題は多分一定の解決をするんだろうけど、76期生問題はたぶんそういうもんだ、で済んじゃうのかな。恵ちゃんは何かをつかめるのかな。

さて、一話アバンのさえちゃんは先代以前の宮澤佐江だろう、というのはほぼ間違えないのでは無いかなあ。と言うわけでリストを更新しました。少なくとも現役の10代目宮澤佐江は本名は「ようこ」で、76期生だと言うことははっきりした。そして同期で唯一って事なので、現行襲名メンバーは、彼女以外は75期生以上、75期生は不運の期と呼ばれているから、おそらく74期以前なんだろうなあ。というか、襲名システムは、現実のAKBで対応すると思われる選抜メンバーと比べて、本当にタイミングの問題が強いというか、仮に魂の資質があったとしても、その時点で同一の魂の資質を持っていた襲名メンバーが在籍してたら絶対に上がれない、って事だし。もしかしたら恵ちゃんもそれとは知らない襲名メンバーに阻まれているのかもしれないしなあ。努力が必ず報われる訳では無いというのが構造として組み込まれているという。

落ち穂拾いは、#7の分をやれてないので、二話まとめてになるかも知れないけど、また稿を改めて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です