お泊り

いいかげん遅い時間になってきたので、しんちゃんと柊ちゃんの同期の人は帰りました。しんちゃんは、松城に「ちゃんと帰って寝たほうが疲れが取れるよ」と勧めてくれたのですが、既にタクシーじゃないと帰れない時刻だったし、明日一人でおきられるか不安だったので、また柊ちゃんのお家に泊めてもらうことにしました。

カテゴリーLOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください