次回予告

P そんなわけで、僕は自宅にて、友人達の到着するのを待つ事になるのだが、それは新たなる驚愕へのプロローグでしかなかった。アンチリバースの利かない、萌えるゴミは果たして無事に高速を乗りきれるのか。温泉街の細い路地を、おでこ萌えの人はかわすことができるのか。温泉わき出る公園で、我々の見た物は、本当にルリ池だったのか……。/P P 次回、草津温泉イキタイナー、「銘菓 お月さまいくつ」/P P お医者様でも草津の湯でも、恋の病は直せないのくわっ!!/P

カテゴリーLOG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください